アクアテック株式会社の事業案内
事業案内
受託開発事業
受諾開発事業とは、お客様からご依頼頂いたたテーマで、弊社がお客様の代わりにの研究開発の受諾を行う事業となります。
以下は、過去に受諾させて頂いた研究開発の一部を、お客様からの承諾頂いた上でご紹介させて頂きます。
弊社では、
「〇〇とか作れないかな」
「〇〇があったら便利なんだけど」
「〇〇に不満があって」
など、お客様の要望に沿った、製品の研究開発をさせて頂いておりますので、お気軽にお問合せ、ご相談ください。
太陽光発電効率UP
飲料製水機エアリスのイメージ
太陽光パネルが最大に発電する条件
太陽光が直角に当たる事
太陽光発電は、太陽光がパネルに直角にあたっている時に一番効率よく発電します。
年間発電可能な日照時間は、全国平均(概ね)2000時間程度と推定されております。
これを1日に換算すると(約5時間程度)しか、有効発電に活かされてなせん
※年間発電量の指針となると年間日照時間(≒2000時間)X0.65=発電量に成るとされ
※年間日照時間の(65%=1300時間)
=1日換算(約3.6時間)程度しか有効発電に活かされて無い現実があります!
この発電有効時間を延ばす事が、もっとも効率が良いことが分かります。
太陽を追尾するには多くのコストがかかる
市場には太陽光追尾する仕組みがあります。
しかし設置はソーラーパネルの土台部分の為、多くのコストが発生します。また重たいソーラパネルを数分単位で動かす原動力も消費するので電力の大幅消費にも繋がります。
簡単設置で効率UP
装置の中にあるフィンが太陽光を厚め、直角に太陽光パネルを照らします。
フィンのみが自動追尾して動くので省電力で高効率の集光が期待できます。
ドローン測量システム
comingsoon
自動循環トイレ
comingsoon
スパコン冷却システム
comingsoon
お問合せ・ご相談
アクアテックの製品に関するお問い合わせご相談ページへのリンク
関連サイト
空気から水を生み出す「エアリス」紹介ページへのリンク
お手軽に水素水を作る「アクリア」紹介ページへのリンク
ウォーターヘルスジャパンへのリンク
© アクアテック株式会社.All rights reserved.